NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサン17型フェートン

年式 1938年
型式 17型
全長 3,129mm
全幅 1,190mm
全高 ----
ホイールベース 2,005mm
トレッド(前/後) 1,038/1,049mm
車両重量 610kg
エンジン 7型 ( 直4 ・SV) 722cc
最高出力 12kw(16PS)/3,600rpm
最大トルク ----
サスペンション(前/後) 横置リーフ / 縦置リーフ
ブレーキ(前/後) ロッド式ドラム / ロッド式ドラム
タイヤ 4.00-16 バルーン
その他
戦時色が濃くなりつつある1938 (昭和13)年にデビューしたダットサン17 型は、タフで経済性に優れたモデルでした。 当時のカタログには、優秀な燃費性能を訴求する「国民標準経済車」の文言も見られます。 エクステリアデザインは前年に登場したダットサン16 型を踏襲しますが、フロントグリル中央を貫くように太い縦バーが入るのが特徴です。 純綿や純毛が不足していた時代背景もあり、インテリアは16 型に比較して簡素に仕上げられています。 このクルマは、4 座席に幌屋根を持つ「フェートン」で、かつて成城大学自動車部が所有し、1974 年の文化祭を目標にレストアされた個体です。