NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ブルーバード 2000 SSS-G

年式 1993年
型式 HU13型
全長 4,585mm
全幅 1,695mm
全高 1,405mm
ホイールベース 2,620mm
トレッド(前/後) 1,465/1,455mm
車両重量 1,200kg
エンジン SR20DE型 (直4・4バルブ DOHC) 1,998cc
最高出力 107kW(145ps)/6,400rpm
最大トルク 178N・m(18.2kgm)/4,800rpm
サスペンション(前/後) ストラット/パラレルリンクストラット
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 195/65R14
その他
9代目ブルーバード・U13型は、「SSS(スリーエス)」を中心とするセダンと、ハードトップの「ARX(アークス)」の2つのボディで1991(平成3)年に発売になります。セダンは一筆書きを思わせるモノフォルムが特徴で、先代U12型に対してホイールベースで70mm、全高で30mm拡大され、合理的なレイアウトとあいまって高い居住性を実現し、海外市場では「アルティマ」として好評を博しました。 新機軸としてはリヤサスペンションに採用の「スーパーアクティブトーコントロール」、ボディ剛性向上に寄与するウェルドボンド工法、逆位相音を発してこもり音を低減する世界初技術「アクティブノイズコントロール」などが挙げられます。 この2000SSS-Gは145psの2ℓエンジンを搭載する2WDセダン最上級車で、アルミホイール・フォグランプ・運転席SRS エアバッグを含むオプションのS1パッケージ装着車です。