NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

NISSAN GT-R ボルトスペシャル

年式 2011年
型式 R35
全長 4,670mm
全幅 1,895mm
全高 1,370mm
ホイールベース 2,780mm
トレッド(前/後) 1,590/1,600mm
車両重量 1,730kg
エンジン VR38DETT V6 DOHC ターボ 3,799cc
最高出力 405kw(550ps)/6400rpm
最大トルク 632N・m(64.5kgm)/3200〜5800rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/マルチリンク
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク(前後共)
タイヤ 255-40-ZRF20/285-35-ZRF20
その他 特別色ゴールドカラー ボンネットにウサイン・ボルトの直筆サイン
1999年(平成11年)1月登場のR34型スカイラインGT-Rが2002年(平成14年)8月に生産中止されて以来、途絶えていた「GT-R」は、スカイラインの冠をはずしたNISSAN GT-R(R35型)として復活し、2007年(平成19年)12月より発売されました。世界最速のスプリンターであるウサイン・ボルト氏は、ネットで出会ったGT-Rの性能にほれ込み、2009年にプライベートに購入。これが契機となり、2012年、ボルト選手はGT-Rの「ブランドアンバサダー」に就任し、世界中の空港で展開するグローバル・ブランド・キャンペーン広告にも登場しました。2012年10月には、ゴールドメダルにちなんだ金色のGT-Rを限定生産しチャリティオークションを実施、売り上げはウサイン・ボルト基金へと寄付されジャマイカの子供や若者への教育や文化の活動に使われました。このクルマは、横浜本社併設のグローバル本社ギャラリーでのセレモニーで、ボルト氏本人がボンネットにサインを書き込んだもので、その後ドバイや中国など、世界中で展示されました。ゴールドカラーモデルは、このクルマ、チャリティオークション車、2013年にボルト氏に贈呈されたボルトスペシャルの3台だけの貴重なものです。