NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサン15型フェートン

年式 1936年
型式 15型
全長 3,187mm
全幅 1,190mm
全高 1,600mm
ホイールベース 2,005mm
トレッド(前/後) 1,038/1,049mm
車両重量 610 kg
エンジン 7型(直4・SV(サイドバルブ)) 722cc
最高出力 12kW(16ps)/3,600rpm
最大トルク ----/----
サスペンション(前/後) 横置きリーフ/リーフリジッド
ブレーキ(前/後) ドラム(前後共)
タイヤ 4.00-16 バルーン(前後共)
その他
1936年(昭和11年)5月に登場したダットサン15型フェートンです。フェートンとは、4人乗りセダンを幌付きにした仕様です。搭載エンジンは1935年に登場した14型と同じ722cc(7型)で、排気量こそ同じですが、圧縮比を5.2から5.4に上げることで、16馬力と1馬力向上させています。現在でこそクルマにとって1馬力は大きなパワーアップには感じられないかもしれませんが、当時では着実な進化といえるものです。エクステリアでは、ラジエーターグリルの左上に角型のDATSUNバッジが付いたのが15型の特徴ですが、このクルマでは残念ながら欠品となっています。さらに、ボンネット真横にあるルーバーのデザインも14型のシンプルな縦縞のものから、5つ連なるような横長形状のデザインに変わっています。