NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ブルーバード ハードトップ 2000ARX-G

年式 1991年
型式 HU13型
全長 4,585mm
全幅 1,695mm
全高 1,370mm
ホイールベース 2,620mm
トレッド(前/後) 1,465/1,455mm
車両重量 1,230kg
エンジン SR20DE型 (直4 ・ 4バルブ DOHC) 1,998cc
最高出力 (145ps)/6,400rpm
最大トルク (18.2kgm)/4800rpm
サスペンション(前/後) ストラット/パラレルリンクストラット
ブレーキ(前/後) ベンレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 195/65R14 89S
その他
第9世代・U13型は、「すべての車両性能で人・社会・時代にジャストフィットする、これからのセダンのスタンダード」を謳い、居住性・安全性・環境性能などに重点を置き、またブルーバードとしては初めて、4ドアセダンを「SSS」、4ドアハードトップを「ARX(アークス)」とそれぞれ総称する車種構成を採用しました。北米市場を重視したセダン(SSS)は米国NDI(ニッサン・デザイン・インターナショナル)のデザインによるもので、曲線を多用し、ノーズからトランクまで切れ目のないモノフォルム風の造形。一方、国内専用4ドアハードトップのARX は、先代までのスポーティな印象は影をひそめ、シックで上品なデザインへと変化しました。このクルマは、ARXに145馬力のSR20DEエンジンを搭載した上位モデル、2000ARX-Gです。