NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

チェリー X-1 4ドア セダン

年式 1970年
型式 PE10型
全長 3,610mm
全幅 1,470mm
全高 1,375mm
ホイールベース 2,335mm
トレッド(前/後) 1,270/1,235mm
車両重量 670kg
エンジン A12型 (直4・OHV・SUツインキャブ) 1,171cc
最高出力 59kW(80ps)/6,400rpm
最大トルク 96N・m(9.8kgm)/4,400rpm
サスペンション(前/後) ストラット/トレーリングアーム(独立)
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム
タイヤ 6.00S-12 4PR
その他
初代チェリーは、1970年(昭和45年)に日産初のFF(フロントエンジン・フロントドライブ)モデルとしてデビュー。車名の「チェリー」は、日本らしさを訴求するため「桜」から命名されました。当時の小型車は、世界的にFR(フロントエンジン・リヤドライブ)からFF への移行が進みましたが、小さなボディサイズでも広い室内を確保できるのがその最大の理由した。エクステリアでは、個性的なアイラインウインドウ(ウエストラインからC ピラーへのライン)が特徴でした。スタンダード・セミデラックス・デラックス・GL・X-1の5グレードがあり、登場時の2ドア・4ドアセダンに加えて、1971年9月にはクーペが加わりました。このクルマは、SU ツインキャブ付きのA12型・80馬力エンジンで、670kg の軽量ボディを強力に加速させる、ホットモデルのX-1です。