NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ローレル 4ドアハードトップ 2000 ターボSGX

年式 1981年
型式 KHC31型
全長 4,635mm
全幅 1,690mm
全高 1,380mm
ホイールベース 2,670mm
トレッド(前/後) 1,410/1,395mm
車両重量 1,220kg
エンジン L20E・T型 (直6 OHC ・ターボ) 1,998cc
最高出力 107Kw(145ps)/5,600rpm
最大トルク 206N・m(21.0kgm)/3,200rpm
サスペンション(前/後) ストラット/セミトレーリングアーム(独立)
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 185/70SR14
その他
「アウトバーンの旋風(かぜ)」のキャッチコピーとともに1980(昭和55)年にデビューした4代目ローレル・C31型は、「80年代にふさわしい先進性と国際性のハイオーナーカー」をコンセプトに、すっきりとした空力的なスタイリングと高い基本性能で好評を博したモデルです。ウエストラインが低く、ガラス面積の大きい明るく低重心なスタイリングとなり、4ドアハードトップ車で実現した空気抵抗係数(Cd値)=0.38は当時の乗用車では傑出した値でした。 豪華さ重視のハイオーナーカーであっても「走る・曲がる・止まる」の基本性能が重要だとする考えは、スカイラインでも知られるC31型の開発主管・櫻井眞一郎氏の思想であり、現在の日産の技術開発へも継承されています。 このクルマは145psを発生する2ℓ・6気筒ターボエンジン「L20E・T型」を搭載した上級車「2000ターボSGX」です。