NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

プリンス グロリア スーパー6

年式 1964年
型式 S41D
全長 4,650mm
全幅 1,695mm
全高 1,480mm
ホイールベース 2,680mm
トレッド(前/後) 1,380/1,400mm
車両重量 1,200〜1,218kg
エンジン GR7A型 (直6・OHC) G7エンジンをベースにレース用改修を加えた 1,988cc
最高出力 103kW(140ps)/6,800rpm
最大トルク 167N・m(17.0kgm)/5,000rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/ド・ディオン・アクスル
ブレーキ(前/後) ドラム/ドラム
タイヤ 5.50L-13 (R6)
その他 1964年第2回日本グランプリ・T-VIレース優勝・大石秀夫選手
1959(昭和34)年にデビューした初代プリンス・グロリアBLSI型は、スカイラインALSI型とボディを共用した兄弟車でした。グロリアはその後1962年9月のフルモデルチェンジで、モダンなフラットデッキスタイルの2代目・S40型に移行します。翌1963(昭和38)年には、2ℓクラスで国産初となる直列6気筒SOHCエンジン「G7型」を搭載した「スーパー6」を追加。このG7型・1988ccエンジンは105psを発生し、日本で初めて100馬力を突破したエンジンでもあります。このハイパワーを生かしてモータースポーツでも活躍し、1964 (昭和39)年、第2回日本GPの「T-VIレース」では大石秀夫の39号車が1位、杉田幸朗の38号車が2位に入る1-2フィニッシュを決めました。このクルマは同レースの優勝仕様車です。