NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

セドリック ブロアムL

年式 1996年
型式 PY31型
全長 5,010mm
全幅 1,720mm
全高 1,425mm
ホイールベース 2,885mm
トレッド(前/後) 1,440/1,450mm
車両重量 1,510kg
エンジン VG30E型 (V6 OHC) 2,960cc
最高出力 118kw(160ps)/5,200rpm
最大トルク 248N・m(25.3kgm)/3,200rpm
サスペンション(前/後) ストラット/セミトレーリングアーム(独立)
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 205/65R15
その他
第7世代のY31型は、若々しい気品を醸す新鮮な空力的スタイリングと、従来の高級大型セダンに欠けていた「走る楽しさ」の追求で市場に旋風を呼びました。1991(平成3)年、8代目・Y32型セドリックが4ドアハードトップ専用車になったことから、法人向けが主体の4ドアセダンは第7世代のY31型が継続生産となりました。このクルマはVG30E 型エンジンを搭載する最上級仕様の「ブロアムL」で、ホイールベースを150mmストレッチして後席の居住性を大幅に向上させています。設計と生産はオーテックジャパンが担当しました。