NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

スカイライン 1500 スポーツデラックス

年式 1971年
型式 C10
全長 4,235mm
全幅 1,595mm
全高 1,405mm
ホイールベース 2,490mm
トレッド(前/後) 1,325/1,320mm
車両重量 960kg
エンジン G15型 (直4・OHC) 1,483cc
最高出力 65kW(88ps)/6,000rpm
最大トルク 120N・m(12.2kgm)/4,000rpm
サスペンション(前/後) ストラット/半浮動・リーフ・リジッド
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム
タイヤ 6.15-14-4PR(前後共)
その他
日産・プリンスの合併を経て1968(昭和43)年に3代目へとフルモデルチェンジしたC10型スカイラインは、後の「ハコスカ」の愛称でも有名です。先代S5系よりも全長で105?、全幅で100?拡大する一方で全高20?下げるなどロー&ワイド化しました。エッジの効いた面構成も特徴で、特にリアフェンダーに走るプレスラインは、メーカー自ら流体力学の粋として訴求し、後に「サーフィンライン」の名前で親しまれました。先代ではスタンダードとデラックスだった1500のグレード構成は、C10型で「ファミリーデラックス」「ツーリングデラックス」「スポーティデラックス」が追加されました。エンジンは、初期では88psを発生した1500cc直列4気筒OHCで、スタンダード・デラックス・ファミリーデラックスとツーリングデラックスには3速MTと3速ATが、スポーティデラックスには4速MTが搭載されました。このクルマは1971年式のスポーティデラックスです。