NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサンフェアレディ1500

年式 1965年
型式 SP310型
全長 3,910mm
全幅 1,495mm
全高 1,305mm
ホイールベース 2,280mm
トレッド(前/後) 1,213/1,198mm
車両重量 910kg
エンジン G型 (直4・OHV・SUツインキャブ) 1,488cc
最高出力 59kw(80PS)/5600rpm
最大トルク 118N・m(12.0kgf・m)/4000rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/縦置リーフ
ブレーキ(前/後) ドラム/ドラム
タイヤ 5.60-13 4P
その他
1961(昭和36)年秋の第8回東京モーターショーで話題をさらったダットサンフェアレディ1500(SP310型)は、1962年10月に国産初の本格的スポーツカーとして発売されました。 ダットサン310型(初代ブルーバード)のシャシーとセドリック30型のエンジンをベースにしたもので、当時のMGやトライアンフ等の欧州のスポーツカーに近いフォルムをまとっています。 搭載された1,488ccのG型OHVエンジンは初期のスペックで最高出力71馬力、最大トルク11.5kg-mを発生し、1963年以降は、輸出仕様と同様にSUツインキャブレターを採用し80馬力にパワーアップされました。このクルマは、フレームやボディを含めフルレストアされ、ターンシグナルやアンテナ等を含めオリジナルに近い状態を取り戻しました。