NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

スカイライン GT

年式 1964年
型式 S54A-1
全長 4,255mm
全幅 1,495mm
全高 1,410mm
ホイールベース 2,590mm
トレッド(前/後) 1,265/1,255mm
車両重量 980〜1008kg
エンジン GR7B (直6・OHC)G7エンジンをベースにウェーバー3連キャブ等レース用改修を加えた 1,988cc
最高出力 110kW(150ps)/6,800rpm
最大トルク 176N・m(18.0kgm)/4,800rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/半楕円リーフ・リジッド
ブレーキ(前/後) ドラム/ドラム(アルミフィン付)
タイヤ 4.50L-13 (R6)
その他 第2回日本GP2位入賞車、砂子義一選手39号車仕様
「スカイラインGT(S54A-1型)」は、1964(昭和39)年5月3日の第2回日本グランプリ「GT-IIレース」での必勝を期してプリンス自工が製作したスペシャルマシン。スカイライン1500(S50型)のホイールベースを200mm延長してグロリア用6気筒G7型エンジンを搭載するという斬新な手法で100台を製作し、レース直前の5月1日に発売して出場資格を得ました。実戦用車両にはスポーツオプションのウェーバー3連キャブ、5速クロスミッション、ノンスリップデフ等を装着していました。レースは急遽出場を決めたポルシェ904が勝利したものの、スカイラインGT は2〜6位を独占してその高性能を強く印象付けました。レース後、このモデルを求める声に応え、出場車と同じウェーバー3連キャブの125馬力仕様の「2000GT(S54B-2型)」を1965年2月にカタログモデルとして正式に発売し、これ以降、スカイラインのイメージは「2000GT」が牽引していくことになります。このクルマは、当時の同型車両をベースに、2位に入った砂子義一選手の39号車と同仕様にしたもので、2012年、鈴鹿サーキット50周年に合わせて「日産名車再生クラブ」がフルレストアしています。