NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

スカイライン 1500 2ドアハードトップ デラックス

年式 1971年
型式 KC10型
全長 4,135mm
全幅 1,595mm
全高 1,390mm
ホイールベース 2,420mm
トレッド(前/後) 1,325/1,320mm
車両重量 945kg
エンジン G15型 (直4・OHC) 1,483cc
最高出力 70kW(95ps)/6,000rpm
最大トルク 127N・m(13.0kgm)/4,000rpm
サスペンション(前/後) ストラット/縦置リーフ
ブレーキ(前/後) ドラム/ドラム
タイヤ 5.60-13-4PR
その他
1968(昭和43)年デビューの3代目・C10型スカイラインは、1970(昭和45)年にセダンのホイールベースを70mm短縮した2ドアハードトップを追加します。ホイールベース短縮の狙いは運動性能の向上であり、ハードトップボディ自体はレースを走る2000GT-Rのために作られたといっても過言ではありません。当初は1.8ℓ・2ℓの「GT」および「GT-R」が設定され、翌1971(昭和46)年になると1.5ℓにもハードトップが追加されます。G15型エンジンを搭載した1500は、普及グレードというべきベーシックなスカイラインですが、ハードトップのシルエットはGT-Rのイメージもあり、ファンからは今でも根強い人気があります。このクルマはG15型エンジン搭載のハードトップデラックスです。