NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

フェアレディ2000

年式 1967年
型式 SR311
全長 3,910mm
全幅 1,495mm
全高 1,300mm
ホイールベース 2,280mm
トレッド(前/後) 1,275/1,200mm
車両重量 910kg
エンジン U20型 (直4・SOHC) 1,982cc
最高出力 107Kw(145ps)/6,000rpm
最大トルク 176N・m(18.0kgm)/4,800rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/リーフ・リジッド
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム
タイヤ 5.60S-14-4P(前後共)
その他 FY17下期レストア
2代目ダットサンフェアレディは、ブルーバードのシャシーに1.5リッターエンジンを搭載した本格的なスポーツカー(SP310型)として1962年(昭和37年)にデビューします。エクステリアは、先代にあたるSPL212/213型のイメージを外観に残しながらもより低くシャープなスタイリングになりました。1965年( 昭和40年)にはより強力な1.6リッターエンジンの1600(SP311型)が追加になり、さらに1967年(昭和42年)には、2リッターエンジンを搭載した2000(SR311型)が登場しました。エアインテークが目を引くボンネットの下にはソレックスキャブレターを装備した最高出力145psのSOHC4 気筒・1982ccのU20 型エンジンが納まり、910kgのボディで0→400m加速15.4秒、最高速度205km/hと、まさに国産車最速の存在でした。フロントサスペンションにダブルウィッシュボーンを採用、リヤサスペンションにはトルクロッドが追加されるなど、当時の最新メカニズムを搭載していました。操縦安定性だけでなく乗り心地にも配慮し、さらに北米輸出のため合わせガラスや3点式シートベルトが備わるなど、安全装備も充実していました。このクルマは、ダットサンフェアレディ2000の初期日本仕様車です。