NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ローレル 2ドアハートトップ 2000SGL-E

年式 1979年
型式 KHC231型
全長 4,625mm
全幅 1,690mm
全高 1,395mm
ホイールベース 2,670mm
トレッド(前/後) 1,380/1,360mm
車両重量 1,265kg
エンジン L20E型 (直6 OHC) 1,998cc
最高出力 96kw(130ps)/6,000mm
最大トルク 167N・m(17.0kgm)/4,000rpm
サスペンション(前/後) ストラット/セミトレーリングアーム(独立)
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム
タイヤ 185/70SR14
その他
1968(昭和43)年の発売以来、日本のパーソナルカー市場を開拓したローレル。その3代目は1977(昭和52)年、「ハイオーナーカーにふさわしい洗練された風格と豪華さ、ファッション性を持つ車」をコンセプトに、より格段に落ち着いたスタイリングのモデルに進化しました。 従来の2ドアハードトップと4ドアセダンに加えて、新たにBピラーのない「4ドアハードトップ」ボディが追加され、販売の中心となります。この「4ドアハードトップ」は1972(昭和47)年、やはり日産の「セドリック/グロリア」が日本初となった車型で、スタイルの美しさと開放感、高い居住性とユーティリティを実現するカテゴリーとして人気を博し、日本のパーソナルカー市場でその後数十年に及ぶ大きなトレンドを作りました。 このクルマは、ボディカラーのカッパーブラウンが上品さを醸し出す、パーソナルな2ドアハードトップSGL-Eです。