NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

パルサー 1200TS

年式 1980年
型式 YN10型
全長 3,890mm
全幅 1,600mm
全高 1,360mm
ホイールベース 2,395mm
トレッド(前/後) 1,365/1,335mm
車両重量 800kg
エンジン A12A型 (直4 OHV) 1,237cc
最高出力 51kW(70ps)/6,000rpm
最大トルク 100N・m(10.2kgf・m以上)/3,600rpm
サスペンション(前/後) ストラット/トレーリングアーム(独立)
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム
タイヤ 6.00-12-4PR
その他
日産初の前輪駆動(FF)車だった初代チェリー・E10型の次世代チェリーF-II・F10型の実質的後継として1978(昭和53)年に発売されたのが初代パルサー・N10型です。傑作コンパクトカーがひしめく欧州市場でも高い競争力をもった「国際レベルのハイクオリティカー」を謳ったパルサーは、チェリーから格段にゆとりある居住性・安全性・機能性・快適性へと全方位に進化し、ディテールよりフォルムの力強さで勝負したスタイリングも印象的です。この気概を表現し、VWゴルフやルノー5など欧州の競合車をも登場させた「パルサー・ヨーロッパ」の広告も話題になりました。 車型は4ドアセダンを皮切りに、2BOXの3ドアハッチバック、グラスハッチをもつ3ドアクーペ、商用バンの4種が順次発売されます。これは1980(昭和55)年のセダン1200TSで、2020(令和2)年にオーテックジャパンで再生されました。