NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ブルーバード 4ドアセダン 2000SSS アテーサX

年式 1990年
型式 HNU12型
全長 4,520mm
全幅 1,690mm
全高 1,390mm
ホイールベース 2,550mm
トレッド(前/後) 1,460/1,440mm
車両重量 1,280kg
エンジン SR20DE型 (直4・4バルブ DOHC) 1,998cc
最高出力 103kW(140ps)/6,400rpm
最大トルク 178N・m(18.2kgm)/4,800rpm
サスペンション(前/後) ストラット/パラレルリンク
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 195/65R14 89S
その他
1987年、8代目ブルーバード・U12型に設定された「ATTESA(アテーサ)」は、ビスカスカップリング付きセンターデフを利用した画期的なフルタイム4WDシステムでした。2000SSS アテーサX はその後期モデルに相当し、前期モデルのCA 型エンジンから、1989(平成元)年のマイナーチェンジから採用のSR 型を搭載しています。歴代ブルーバードの中でも特にスポーツ性が高く、多くの新技術を搭載したU12型には、ターボエンジン+フルタイム4WDの最強グレード「SSSアテーサリミテッド」をベースとしたラリー専用車「SSS-R」が存在し、1988年全日本ラリー選手権のチャンピオンカーにもなっています。このクルマは4WDのSSSアテーサの中で140psのSR20DE 型エンジンを搭載し、STC(スーパートーコントロール)、ビスカスLSD(リミテッドスリップデフ)を装備した「アテーサX」 グレードです。