NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

スカイライン 4D H/T GT ツインカム24Vターボ パサージュ

年式 1985年
型式 KRR31型
全長 4,650mm
全幅 1,690mm
全高 1,385mm
ホイールベース 2,615mm
トレッド(前/後) 1,425/1,420mm
車両重量 1,460kg
エンジン RB20DET型 (直6 DOHC 24V ターボ) 1,998cc
最高出力 154Kw(210PS)/6,400rpm
最大トルク 245N・m(25.0kgm)/3,600rpm
サスペンション(前/後) マクファーソンストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク(前後共)
タイヤ 215‐60 R15(前後共)
その他
1985年(昭和60年)8月にフルモデルチェンジして登場したHR31型のスカイラインは、7代目となるため「セブンス」という愛称で呼ばれることもあるモデルで、スカイラインの父として知られる櫻井慎一郎氏が病床に臥せるまで開発を指揮したことでも知られています。「技術の日産」らしく、上級グレードには世界初の4輪操舵システム「HICAS(ハイキャス)」やDOHC24バルブヘッドを搭載した直6エンジン、RB20DE(165馬力)、そのターボ版であるRB20DET型(210馬力)が搭載されていました。デビュー1年後の1986年(昭和61年)5月には、ワゴンとともに多くのファンに熱望されていた2ドア・クーペがラインナップに加えられています。このクルマは210馬力のRB20DET型搭載のデビュー時点では最強グレードたった、ツインカム24Vターボ、パサージュです。