NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

モチュール ピットワーク 2003年 JGTC No22

年式 2003年
型式 BNR34型
全長 4,600mm
全幅 1,885mm
全高 ----mm
ホイールベース 2,665mm
トレッド(前/後) 1,555/1,555mm
車両重量 1,080kg以上
エンジン VQ30DETT型 (V6・4バルブ DOHC・ツインターボ) 2,987cc
最高出力 356kW(485ps以上)/5,600rpm
最大トルク 735N・m(75kgm以上)/4,000rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/ダブルウィッシュボーン
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク
タイヤ 330-40-R18
その他
2003年(平成15年)シーズンのニスモ・チームは、2002年(平成14年)の半ばに投入された、V6エンジン搭載のスカイラインGT-Rで全日本GT選手権(JGTC)へ参戦しました。翌2004年シーズンからはGT500クラスにフェアレディZ(Z33型)が投入されることが決定していたため、JGTC発足当初から続いてきたスカイラインGT-Rによる参戦は最後のシーズンとなりました。このNo. 22モチュールピットワークGT-R(BNR34型)は、影山正美/リチャード・ライアンのドライブで第2戦の富士スピードウェイで勝利を飾り、同年のドライバーランキングでもシリーズ3位を獲得しました。