NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

キャブライト 1150

年式 1966年
型式 A221
全長 3,840mm
全幅 1,608mm
全高 1,735mm
ホイールベース 2,220mm
トレッド(前/後) 1,294/1,311mm
車両重量 885kg
エンジン D11型 (直4・OHV) 1,138cc
最高出力 39kW(53ps)/5,000rpm
最大トルク 83N・m(8.5kgm)/2,800rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/リーフ・リジッド
ブレーキ(前/後) ドラム(前後共)
タイヤ 5.50-14-6PLT/5.50-14-8PLT
その他
1964年(昭和39年)3月にフルモデルチェンジを実施し、3代目(A220)となったキャブライトは、1046ccから1136ccに排気量をアップするなどして商品力を向上させました。キャブライトは1958年(昭和33年)の初代(A20型)登場以来、車名どおりの小型商用車としてダットサントラックとともに親しまれました。1961年(昭和36年)には2代目のA120型になり、3代目(A220)まで続きました。このクルマは、1966年にマイナーチェンジを受けたA221型です。なお、1968年(昭和43年)10月、3度目のフルモデルチェンジを迎えたキャブライトは、その名をキャブスター(A320)と変え新モデルに生まれ変わりました。