NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

スカイライン2ドア HT2000GT-R

年式 1972年
型式 KPGC10
全長 4,330mm
全幅 1,665mm
全高 1,370mm
ホイールベース 2,570mm
トレッド(前/後) 1,370/1,365mm
車両重量 1,100kg
エンジン S20型 (直6・DOHC 4バルブ) 1,989cc
最高出力 118kW(160ps)/7,000rpm
最大トルク 176N・m(18.0kgm)/5,600rpm
サスペンション(前/後) マクファーソンストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム
タイヤ 6.45(Hタイプ)-14-4P(前後共)
その他 1970年発売、1972年生産終了
「ハコスカ」の愛称で親しまれ、国内のツーリングカー・レースにおいて無敵の強さを誇ったスカイライン2000GT-R(PGC10型)は、4ドアセダンとして1969年(昭和44年)に発売されました。1970年(昭和45年)、ホイールベースを70mm短縮した、2ドアハードトップ(KPGC10型)へと変更。ボディのコンパクト化で20kg以上の軽量化に成功、リヤに黒いオーバーフェンダーが純正装着されたハードトップ2000GT-Rは、「ハコスカ」といえば誰もが思い浮かべる定番として愛されました。純粋レーシングカー・ニッサンR380用エンジンの技術を遺憾なく投入した2ℓ直列6気筒DOHC4バルブの「S20型」エンジン、大容量100ℓの燃料タンク、リクライニング機構のないバケットシート、快適装備が省かれたスパルタンな内装はそのままハードトップにも引き継がれました。 国内ツーリングカーレースでは、戦闘力を増したハードトップの投入によってGT-Rの勢いには拍車がかかり、1972(昭和47)年3月、ついに前人未到の累計50勝を達成。同年10月のワークス活動休止までに通算52勝という大記録を打ち立てました。