NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ブルーバード 1300SS ’66年第14回東アフリカサファリラリー クラス優勝車

年式 1966年
型式 P411
全長 4,000mm
全幅 1,490mm
全高 1,470mm
ホイールベース 2,380mm
トレッド(前/後) 1,206/1,198mm
車両重量 900kg
エンジン J13型 (直4・OHV・SUツインキャブ) 1,299cc
最高出力 59kW(80ps)/6,400rpm
最大トルク 108N・m(11.0kgm)/4,400rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/リーフ・リジッド
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム
タイヤ 5.60-13 SP44
その他 1966年第14回東アフリカサファリラリー クラス優勝車(J・グリンリー/J・ダンク組)
1963(昭和38)年発売の2代目・410型ブルーバードは、翌年3月にはSU キャブの65馬力エンジンを搭載した1200SS(スポーツセダン)を追加。1965(昭和40)年 5月には発展型の1300SS と1600SSS が登場しました。このクルマは、1966(昭和41)年の第14回東アフリカ・サファリラリーで、日本車初のクラス優勝を果たしたマシンで、完走が88台中わずか9台という過酷なウエットコンディションの中、ブルーバードは2台完走の快挙でした。クラス優勝の6号車は急きょ空輸で日本に運ばれ銀座に展示されました。この時の日産チームの活躍を当時の実験部長・笠原剛三が著書『栄光への5000キロ』にまとめ、後の1969(昭和44)年に石原裕次郎主演で映画化されました。