NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

スカイライン ハードトップ 2000 ターボRS

年式 1983年
型式 DR30型
全長 4,595mm
全幅 1,665mm
全高 1,360mm
ホイールベース 2,615mm
トレッド(前/後) 1,410/1,400mm
車両重量 1,175kg
エンジン FJ20型 (直4・4バルブ DOHC ・ターボ) 1,990cc
最高出力 140kw(190PS)/6,400rpm
最大トルク 225N・m(23.0kgm)/4,800rpm
サスペンション(前/後) ストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 195/60R15 86H
その他
1981年(昭和56年)にモデルチェンジされた6代目スカイライン・R30型は、イメージキャラクターに起用された俳優・レーシングドライバーのポール・ニューマンにちなんで「ニューマン・スカイライン」と呼ばれました。先代からの2000GTターボシリーズに加え、新たに加わった4気筒・4バルブDOHCエンジン「FJ20型」搭載の「2000RS」が高い人気を博しました。1983年2月には、FJ20型エンジンをターボチャージャーでさらに出力を上げた「ターボRS」がデビュー。それまでのスカイラインを超える最高出力190psだったことから「史上最強のスカイライン。」のキャッチコピーもつきましたが、「GT-R」の名前は付けられませんでした。このクルマは初期の横桟グリルをもつ「2000ターボRS」で、往年の刑事ドラマ「西部警察PART II」「PART III」での活躍でも親しまれたモデルです。