NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

プリンスR380(A-I型) 1966年第3回日本グランプリ優勝車

年式 1966年
型式 R380
全長 3,930mm
全幅 1,580mm
全高 1,035mm
ホイールベース 2,360mm
トレッド(前/後) 1,280/1,260mm
車両重量 620kg
エンジン GR8 (直6・DOHC・4バルブ) 1,996cc
最高出力 147kW(200ps)以上/8,400rpm
最大トルク 172N・m(17.5kgm)以上/6400rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/上Iアーム、下逆Aアーム、ダブルラジアスアーム
ブレーキ(前/後) アウトボードディスク(前後共)(ガーリングタイプ)
タイヤ 5.00L-15/6.00L-15 ダンロップ R7
その他 1966年第3回日本グランプリ優勝車、砂子義一選手、11号車
1964年(昭和39年)の第2回日本グランプリで「スカイラインGT」が「ポルシェ904」に優勝をさらわれたプリンス自動車工業が「打倒ポルシェ」を期して開発した、戦後日本初のプロトタイプレーシングカー。開発責任者はスカイラインの開発で有名な櫻井眞一郎(1929〜2011)で、ブラバムのレーシングマシン・BT8のシャシーにオリジナルのアルミボディを載せ、グロリア用のG7型OHCをベースに専用設計されたGR8型・4バルブDOHCエンジンをミッドに搭載しました。このクルマは、実戦デビューとなった1966年(昭和41年)の第3回日本GP(富士スピードウェイ)で、ポルシェ906を破り、2位以下にも3周差をつけて優勝した砂子義一選手の11号車です。2位にも大石選手のR380(10号車)が入り、プリンスは、日産との合併を控えた最後のレースでワン・ツー・フィニッシュを飾る結果となりました。2013年にNISMOの手によりフルレストアされています。