NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサン14型 トラック

年式 1935年
型式 14型
全長 2,790mm
全幅 1,190mm
全高 1,600mm
ホイールベース 2,005mm
トレッド(前/後) 990/1,026mm
車両重量 580kg
エンジン 7型 (直4 SV) 722cc
最高出力 11kw(15ps)/3,600rpm
最大トルク ----
サスペンション(前/後) 横置リーフ/縦置リーフ
ブレーキ(前/後) ロッド式ドラム/ロッド式ドラム
タイヤ 4.00-24 バルーン(外径表示)
その他 最大積載量:500kg
日産自動車の前身「ダット自動車製造」から1932(昭和7)年に発売され、その後、日本を代表する自動車ブランドとして一世を風靡することになる「ダットサン」。そのラインアップには、乗用車と並んで、当初から商用車(ピックアップトラックとライトバン)がラインアップされていました。 ダットサントラックは、ダットサンシリーズ最初期の10型(1932年)から、1935(昭和10)年に大量生産が始まった14型を経て、戦前最終型となる1938(昭和13)年の17T型まで存在し、日本の商店・百貨店・配送業者などに幅広く使用されました。 戦前の設計ながら、ピストンはアルミ製、コンロッドはジュラルミン製、クランクシャフトにはボールベアリングを使用するなど、14型の乗用車と同様、先進的なエンジン設計が特長のひとつです。 この「14型トラック」は、横浜工場での大量生産が始まった年=1935年式のクルマで、同時に、日産ヘリテージコレクションで最古の商用車です。2016(平成28)年から2年をかけてフルレストアされ、元気に走行できる姿を取り戻しました。