NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ニッサンR381 1968年日本グランプリ優勝車

年式 1968年
型式 R381
全長 4,410mm
全幅 1,790mm
全高 845mm(ウィング位置1,265mm)
ホイールベース 2,470mm
トレッド(前/後) 1,460/1,400mm
車両重量 855kg
エンジン シボレー(V8・OHV)(米国ムーン社チューン) 5,461cc
最高出力 331kW(450ps)以上/6,000rpm
最大トルク 534N・m(54.5Kgm)/5,500rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/上Iアーム、下逆Aアーム、ダブルラジアスアーム
ブレーキ(前/後) ディスク(前後共)(ガーリング社製)
タイヤ 4.75-11.30-15/6.00-13.50-15
その他 1968年日本グランプリ優勝車、北野元選手、20号車
1968年(昭和43年)の日本グランプリで優勝したニッサンR381は、ユニークなエアロスタビライザーというウイングを装着しています。これは、コーナリング中にイン側のグリップを強化するため、走行中にリヤサスペンションと連動し、左右が独立して角度変化し、ブレーキング時は左右連動して立ち上がる、従来にない発想で作られています。エアロスタビライザーと命名されたこの特徴的なウイングを持つR381は、「怪鳥」という異名を取りました。エンジンは、日本GPに合わせて日産が大幅に手を入れたシボレー製5.5L V8エンジンを搭載。レースには、支援に回った3台のR380(No.21黒沢元治選手、No.22横山達選手、No.23大石秀夫選手)と共に本命となる3台のR381(No.18高橋国光選手、No.19砂子義一選手)が投入されました。このクルマは、北野元選手がドライブし、見事優勝した20号車です。