NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサンブルーバード1300

年式 1967年
型式 PL411
全長 4,000mm
全幅 1,490mm
全高 1,430mm
ホイールベース 2,380mm
トレッド(前/後) 1,206/1,198mm
車両重量 885 kg
エンジン J型 (直4・OHV) 1,299cc
最高出力 49kW(67ps)/5,200rpm
最大トルク 104N・m(10.6kgm)/2,800rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/縦置きリーフ
ブレーキ(前/後) ドラム/ドラム
タイヤ 5.60-13-4PR
その他
このブルーバードは、メキシコ日産・クエルナバカ工場で生産された左ハンドルのPL411型で、型式名のLは左ハンドルを示しています。1966(昭和41)年4月以降の411型は、初期の410型とはリヤフェンダーなどのデザインが大きく変更されました。 このクルマは、1968年のメキシコオリンピックに先立ち、1967年10月にメキシコ市で行われた「第三回国際競技大会」で、日本選手団に提供されたため選手のサインが残されおり、その多くがメキシコ五輪の選手と重なっています。なお、メキシコ五輪では男子体操、レスリング、重量挙げなどで大健闘を見せ、金11、銀7、銅7のメダルを獲得。中でも男子サッカーの銅メダルは、現在でもよく知られているところです。