NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ローレル デラックスB

年式 1968年
型式 C30
全長 4,350mm
全幅 1,605mm
全高 1,405mm
ホイールベース 2,620mm
トレッド(前/後) 1,305/1,300mm
車両重量 985kg
エンジン G18型 (直4・OHC) 1,815cc
最高出力 74kW(100ps)/5,600rpm
最大トルク 147N・m(15.0kgm)/3,600rpm
サスペンション(前/後) ストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム
タイヤ 6.50-13-4PR
その他 初代モデル
初代ローレル(C30型)は、1968年(昭和43)4月にデビュー。「ハイオーナーカー」の先駆けとして、ブルーバードとセドリックの間を埋める車種として開発されました。セダンが単に排気量やボディサイズだけで分類される時代から、ライフスタイルやボディスタイル、コンセプトなどで差別化する時代の扉を開いたモデルです。直列4気筒SOHCの1815ccエンジンは、グロリアやスカイラインなどでも積まれた新開発のG18型です。サスペンションはブルーバードと同様で、前がストラット、後がセミトレーリングアームを搭載。2年後の1970年(昭和45)6月には、日産初のピラーレスハードトップである2ドアハードトップモデルと2000ccのG20エンジンが追加されました。