NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ブルーバード 1600SSS 1970年 第18回東アフリカ・サファリラリー 総合優勝車

年式 1970年
型式 P510
全長 4,070mm
全幅 1,660mm
全高 1,405mm
ホイールベース 2,420mm
トレッド(前/後) 1,330/1,330mm
車両重量 965kg
エンジン L16型 (直4・OHC・ソレックス44PHH×2) 1,595cc
最高出力 96kW(130ps)/6,800rpm
最大トルク 157N・m(16.0kgm)/4,800rpm
サスペンション(前/後) マクファーソンストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム
タイヤ 185-70-13 DUNLOP SP44(前後共)
その他 '70年第18回東アフリカサファリラリー日本車初総合優勝車、エドガー・G/ハーマン/ハンス・シュラー組、4号車
初代(310型系)、2代目(410型系)に続き、1967年(昭和42年)8月、ブルーバードは3代目となる510型にフルモデルチェンジを果たしました。この510型も歴代ダットサンと同様、国際ラリーの過酷な舞台で鍛えられ、そのポテンシャルの高さを実証していきます。そして、1970年(昭和45年)の第18回東アフリカサファリラリーにおいて、1600SSSをベースにしたラリーマシン(直列4気筒1595cc・130馬力)が、総合/クラス/チームの各部門を征し、国産車として初の3冠完全制覇を達成。日産自動車が同ラリーに初挑戦してから、8年目にしての快挙となりました。510型は、昭和の名優、石原裕次郎さん主演の映画「栄光への5000キロ」(1969=昭和44年7月公開)で、同ラリーを舞台に成長していく若きドライバーに扮する石原さんのマシンとして共演した「スクリーン上の名車」の一台として記憶されています。