NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ブルーバード1600デラックス

年式 1969年
型式 P510
全長 4,120mm
全幅 1,560mm
全高 1,410mm
ホイールベース 2,420mm
トレッド(前/後) 1,270/1,280mm
車両重量 930kg
エンジン L16型 (直4・OHC) 1,595cc
最高出力 68kW(92ps)/6,000rpm
最大トルク 129N・m(13.2kgm)/3,600rpm
サスペンション(前/後) ストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ(前/後) ドラム(前後共)
タイヤ 5.60-13-4PR
その他 1967年7月発売、1973年1月生産終了、155万2145台生産
3代目ブルーバードの510型は、1967年(昭和42年)8月に発売されるや否や、三角窓のないシャープなスタイリングやOHCエンジン、4輪独立懸架などの高度なメカニズムがもたらす高い基本性能と実用性が大好評となり、グローバル販売累計台数150万台以上を記録する大ヒットとなりました。今もなお多くのファンから「ゴーイチマル」ないし「ファイブ・テン」の型式名で親しまれています。1970年(昭和45年)の「1600SSS」による第18回東アフリカ・サファリラリー総合優勝などでモータースポーツの世界でも高い評価を獲得し、このクラスの性能基準を塗り替えたとさえ評されました。このクルマは、92馬力のL16型シングルキャブ仕様エンジンを搭載した1600デラックスです。