NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサン17型セダン

年式 1938年
型式 17型
全長 3,129mm
全幅 1,190mm
全高 1,600mm
ホイールベース 2,005mm
トレッド(前/後) 1,038mm/1,049mm
車両重量 630kg
エンジン 7型(直4・SV(サイドバルブ)) 722cc
最高出力 12kW(16ps)/3,600rpm
最大トルク ----/----
サスペンション(前/後) 横置きリーフ/リーフリジッド
ブレーキ(前/後) ドラム(前後共)
タイヤ 4.00-16 バルーン(前後共)
その他 戦前のダットサンは、この17型が最後
戦時色が濃くなりつつある1938年(昭和13年)にデビューを果たしたダットサン17型セダンは、タフで経済性に優れ、日本中で大いに活躍しました。エクステリアデザインは、前年に登場したダットサン16型セダンを踏襲しています。フロントグリル中央を貫くように、太めの縦バーが入っているのが特徴です。純綿や純毛が不足していた時代背景もあり、インテリアはシンプルに仕上げられています。搭載されるエンジンは、サイドバルブ(SV)の722ccで、16馬力という最高出力も16型と同数値です。この年はドイツで初の国民車となるフォルクスワーゲン・ビートルが誕生しており、当時の先進国では、第二次大戦前のモータリゼーションが高まりつつある状況にありました。