NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサン240Z 1972年第41回モンテカルロラリー 総合3位

年式 1972年
型式 HLS30 型
全長 4,115mm
全幅 1,630mm
全高 1,290mm
ホイールベース 2,305mm
トレッド(前/後) 1,355/1,345mm
車両重量 1,050kg
エンジン L24 型( 直6・OHC) 2,393cc
最高出力 162kW(220ps)/7,200rpm
最大トルク 230N・m(24.0kgf・m)/6,400rpm
サスペンション(前/後) ストラット / ストラット( 独立)
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ ドラム( アルミフィン付)
タイヤ FR70-14 ダンロップSP44 (PW72+ スパイク/ PW52・R7)
その他 第41回モンテカルロラリー総合3位、ラウノ・アルトアーネン/ジャン・トッド組、5号車(2年連続入賞)
フェアレディZ(輸出名:ダットサン240Z)は、アフリカの大地を疾走するサファリラリーのほかに、雪と氷の上を舞台にしたモンテカルロラリーにも参戦しました。 1972( 昭和47)年の第41回では総合3位に入賞して、世界中のラリー関係者を驚かせました。それは、このクルマがフロントにエンジンを搭載して後輪を駆動するFR(フロントエンジン・リヤドライブ)方式を採用していて、「FR 方式は氷雪路では不利」とささやかれていた前評判をくつがえす結果を勝ち取ったからです。そして、このモンテカルロラリーやサファリラリーでの活躍により、当時の国内ラリーにフェアレディZ でプライベート参戦するドライバーが増えました。 このクルマは第41 回モンテカルロラリー3 位入賞車の実車です(R. アルトーネン=J. トッド組)。