NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

サニー1200クーペGX-5

年式 1972年
型式 KB110
全長 3,825mm
全幅 1,615mm
全高 1,285mm
ホイールベース 2,300mm
トレッド(前/後) 1,335/1,315mm
車両重量 650kg
エンジン A12 (直4・OHV) 1,270cc
最高出力 96kW(130ps)/8,000rpm
最大トルク 118N・m(12.0kgm)/7,200rpm
サスペンション(前/後) ストラット/半楕円リーフ・リジッド
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム
タイヤ 185-515-13/205-515-13
その他 特殊ツーリング(TS)カー仕様
2代目サニー(B110型系)は、1200ccシリーズがモータースポーツでも活躍しました。1972年(昭和47年)の8月に追加設定された2ドアクーペ 1200GX-5(ファイブ)がベース車となりました。グレード名の最後にある「5」とは、直結5速フロアシフトのマニュアルトランスミッションを搭載したスポーティモデルであることを意味しています。レースでは、130馬力にチューンナップしたA12型エンジンを搭載。オーバーフェンダー内にワイドタイヤを装着し、富士スピードウェイを舞台とした「TS レース」カテゴリーに参戦。1971〜74年、77年、79年、80年、82年のシリーズチャンピオンに輝きました。このクルマは1972年の東京モーターショーに参考出品された実車です。