NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

スカイライン 2000GT-R

年式 1972年
型式 KPGC110
全長 4,460mm
全幅 1,695mm
全高 1,380mm
ホイールベース 2,610mm
トレッド(前/後) 1,395/1,375mm
車両重量 1,145kg
エンジン S20(直6・DOHC) 1,989cc
最高出力 118kW(160ps)/7,000rpm
最大トルク 177N・m(18.0kgm)/5,600rpm
サスペンション(前/後) ストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ(前/後) ディスク(前後共)
タイヤ 175-HR14
その他 1972年東京モーターショー展示車(スペックはノーマル車両のもので、レース仕様ではない)
1969(昭和44)年、3代目C10型スカイラインに設定された「2000GT-R」は、その後わずか2年10カ月の間に国内レース50勝をマークし、日本のレース史に輝く金字塔となりました。その一方、スカイラインは1972(昭和47)年9月にフルモデルチェンジで4代目のC110型に進化します。このクルマは、その直後に当たる1972年の東京モーターショーに出展された「スカイライン2000GT-R レーシングコンセプト」で、翌1973(昭和48)年シーズンからの実戦投入を予感させるカーナンバー「73」を付けていました。しかし、自動車界は既に排気浄化や燃費向上などの命題を抱えており、日産も多分に洩れずワークス活動を休止。新型のGT-Rは実戦投入がなかったことから「幻のGT-R」とも呼ばれました。このクルマはそれから35年後の2007年に「日産名車再生クラブ」によるフルレストアを受け、同年のNISMOフェスティバルで初めて走りを披露して喝采を浴びました。