NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

スカイライン 2000GT-R

年式 1973年
型式 KPGC110 型
全長 4,460mm
全幅 1,695mm
全高 1,380mm
ホイールベース 2,610mm
トレッド(前/後) 1,395/1,375mm
車両重量 1,145kg
エンジン S20 型 ( 直6・DOHC・4 バルブ) 1,989cc
最高出力 118kW(160ps)/7,000rpm
最大トルク 177N・m(18.0kgf・m)/5,600rpm
サスペンション(前/後) ストラット/ セミトレーリングアーム( 独立)
ブレーキ(前/後) ディスク/ ディスク
タイヤ 175HR14
その他
「ケンとメリーのスカイライン」というキャッチフレーズで大人気となった4 代目スカイライン。 この4 代目に設定された2000GT-R は、ツーリングカーレースへの参戦がなかったことに加え、市販車も1973 (昭和48) 年1 月からわずか4 か月、台数にして200 台足らずで生産終了したため、今もって「幻のGT-R」と呼ばれています。 4 輪ディスクブレーキ化や吸気側エアダクトの装着など、メカニズム面は先代GT-R より確実に進化し、通常の2000GT シリーズとは異なるメッシュタイプの迫力あるフロントグリル、ワイドタイヤの装着を想定してフロント側にも追加されたオーバーフェンダー、当時は異例の標準装備リヤスポイラーといったエクステリアも注目を浴びましたが、当時でさえ、その姿を路上で見かけるチャンスは、めったになかったのです。