NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ニッサン乗用車

年式 1938年
型式 70型
全長 4,750mm
全幅 1,720mm
全高 1,750mm
ホイールベース 2,794mm
トレッド(前/後) 1,419mm/1,441mm
車両重量 1,410kg
エンジン A型(直6・SV(サイドバルブ)) 3,670cc
最高出力 63kW(85ps)/3,400rpm
最大トルク 226N・m(23kgm)/1,200rpm
サスペンション(前/後) 平行リーフ/平衡リーフリジッド
ブレーキ(前/後) ドラム(前後共)
タイヤ 6.00-16-4PR
その他
「ニッサン」ブランド車の生産は、1937年(昭和12年)3月に始まりました。ニッサン70型乗用車は、その記念すべき最初のモデルです。このモデルはアメリカ、グラハム・ページ社の設備を買い取って国産化したもので、ボディサイズは当時のフォードやシボレーとほぼ同じでした。自動車先進国のアメリカの技術を吸収し、日本の自動車産業を自立させようという意図も込められています。このセダンは5人乗りと7人乗りがあり、さらに、幌屋根のフェートンもバリエーション展開されていました。日産自動車は、ニッサンブランド車の登場により、小型車は「ダットサン」、大型車は「ニッサン」と、2つのブランド名を使い分ける時代に入りました。