NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサンブルーバードU 1800SSS

年式 1973年
型式 P610
全長 4,215mm
全幅 1,600mm
全高 1,400mm
ホイールベース 2,500mm
トレッド(前/後) 1,340/1,350mm
車両重量 1,100kg
エンジン L18型 (直4・OHC) 1,889cc
最高出力 132kW(180ps)/7,200rpm
最大トルク 196N・m(20.0kgm)/5,200rpm
サスペンション(前/後) マクファーソンストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム(アルミ)
タイヤ PW81 195‐70‐14(前後共)
その他 1973年第21回東アフリカ・サファリラリー総合2位 H.カールストローム/N.ビルスタム組 9号車
1971年(昭和46年)1月、より大きくゆったりとしたボディをまとって誕生したブルーバードシリーズの4代目が、ブルーバードU(610型系)です。市販モデルは当初、3代目ダットサンブルーバード(510型系)と併売されていましたが、国際ラリーでは先代からバトンを受け、1973年(昭和48年)に開催された、第21回東アフリカサファリラリーに挑戦。この年のサファリで、日産チームはフェアレディ240Zで総合優勝を果たしましたが、ブルーバードUはこれに続き総合2位に入賞、さらにクラス優勝も獲得。「ラリーの日産」を強く世界へ印象付けることに成功しました。