NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ブルーバード 1800GL

年式 1978年
型式 PJ811
全長 4,345mm
全幅 1,630mm
全高 1,390mm
ホイールベース 2,500mm
トレッド(前/後) 1,345/1,350mm
車両重量 1,055kg
エンジン Z18型 (直4・OHC) 1,770cc
最高出力 77kW(105ps)/6,000rpm
最大トルク 147N・m(15.0kgm)/3,600rpm
サスペンション(前/後) ストラット/4リンクコイル式リジッド
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム
タイヤ 165-SR13(前後共)
その他
5代目ブルーバード(810型)は、1976年7月に発売され、1978年(昭和53年)1月、53年排気規制をクリアしたツインプラグのNAPS-Zエンジンを搭載と同時に、811型に型式が変更され、次いで8月のマイナーチェンジで全車角形4灯式ヘッドライトを採用して、より精悍なフロントマスクが与えられました。また、キャッチフレーズには「ヘビーデューティーカー(酷使に堪える耐久性があるクルマ、を意味する英語)」を掲げ、逞しさを強調しました。メインとなるZ18型・4気筒SOHC エンジン(105馬力)が1シリンダーに対して2つの点火プラグ(ツインプラグ)を備えることも話題になりました。