NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ニッサン 80型バン

年式 1939年
型式 80型 (シャシー12BL型)
全長 (6,338mm)
全幅 (2,161mm)
全高 (2,655mm)
ホイールベース 3,251mm
トレッド(前/後) 1,664/1,600mm
車両重量 (3,315kg)
エンジン AT型 (直6・SV(サイドバルブ)) 3,670cc
最高出力 63kW(85ps)/3,400rpm
最大トルク 226N・m(23.0kgm)/1,200rpm
サスペンション(前/後) 縦置リーフ8枚/縦置リーフ10枚
ブレーキ(前/後) ドラム/ドラム
タイヤ 6.50-20/6.50-20(後複輪)
その他
1937(昭和12)年3月、従来の小型車ラインアップ「ダットサン」ブランドとは別に、当時の米国車に比肩する大型の「ニッサン」ブランド車が発売されました。スピードを重視して米国の中堅自動車メーカー「グラハム・ページ社」から設備治工具・図面など一式の譲渡を受け、これらを横浜工場に敷設して生産がスタートしています。初期には乗用車(70型)、商用バン(80型)と大型バス(90型)の3種が存在しました。ボンネット型に比べて荷室や居住空間が大きいセミキャブオーバースタイルも80型・90型が日本初で、ボンネット型が主流だった日本にあって新鮮な印象を与えました。このクルマは1939(昭和14)年に三越百貨店が当時初めて導入した商品搬送用の大型バンで、1962(昭和37)年まで現役で働き、その実用性と耐久性を証明しました。