NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

バイオレット 1978年 第13回サザンクロスラリー総合優勝車

年式 1978年
型式 PA10型
全長 4,080mm
全幅 1,600mm
全高 1,390mm
ホイールベース 2,400mm
トレッド(前/後) 1,335/1,330mm
車両重量 1,020kg
エンジン LZ20B型 (直4・4バルブ DOHC) 1,952cc
最高出力 147kW(200ps)/7,400rpm
最大トルク 205N・m(21.0kgm)/5,200rpm
サスペンション(前/後) ストラット/4リンクコイル
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム
タイヤ 175/SR14 / 195/SR14 (SP52R)
その他 1978年 第13回サザンクロスラリー総合優勝車、G・フェリー/M・サファーン組、Gr5仕様
1977年(昭和52年)5月、バイオレットは初のフルモデルチェンジを行い、2代目に進化するとともにブルーバード系から独立し、車両型式はA10型になりました。また、高級志向の「スタンザ」、若々しさを強調した「オースター」という姉妹車も同時に誕生しました。2代目バイオレットには、オープンバックと名づけられた3ドアハッチバックと、4ドアセダンの2つのボディがありましたが、モータースポーツへの挑戦には、4ドアセダンが選ばれました。このクルマは1978年(昭和53年)の第13回サザンクロスラリーで総合優勝を獲得(G・フェリー/M・サファーン組)。前年の同ラリーでは、初代(710型系)が勝利を収めていましたので、2年連続でバイオレットがウイナーに輝きました。