NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

バイオレット 1981年 第29回サファリラリー優勝車

年式 1981年
型式 PA10
全長 4,080mm
全幅 1,600mm
全高 1,390mm
ホイールベース 2,400mm
トレッド(前/後) 1,335/1,330mm
車両重量 1,080kg
エンジン LZ20B型 (直4・DOHC) 1,975cc
最高出力 154kW(210ps)/7,400rpm
最大トルク 216N・m(22.0kgm)/5,600rpm
サスペンション(前/後) ストラット/4リンク・リジッド
ブレーキ(前/後) ディスク(前後共)
タイヤ 175-70-SR14/195-70-SR14
その他 1981年 第29回サファリラリー総合優勝車、S・メッタ/M・ドウティ組、FIAグループ4仕様
2代目バイオレット(A10型)は、海外ラリーで並みいる強豪を押さえ込み、数々の栄光をつかみ、「技術の日産」、「ラリーの日産」を世界中にとどろかせました。このクルマは、1981年(昭和56年)にアフリカのケニアで開催された第29回サファリラリーで優勝を収め、同ラリー史上初の3連覇を達成した記念すべき車両(S・メッタ/M・ドウティ組)です。エンジンは、モータースポーツ専用の直列4気筒DOHC・1975ccで、最高出力215馬力を発揮したLZ20B型を搭載。正式エントリー車名は「バイオレットGT」、グループ4というカテゴリーに属しました。この年の日産チームは、ほかにグループ2仕様のバイオレット(エントリー名は160J)とブルーバード(910型)、シルビア(S110型)各1台を出場させ、1〜4位を独占しました。