NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

バイオレット 1982年 第30回サファリラリー優勝車

年式 1982年
型式 PA10
全長 4,080mm
全幅 1,600mm
全高 1,390mm
ホイールベース 2,400mm
トレッド(前/後) 1,335/1,330mm
車両重量 1,080kg
エンジン LZ20B型 (直4・DOHC) 1,975cc
最高出力 169kW(230ps)/7,200rpm
最大トルク 245N・m(25.0kgm)/5,200rpm
サスペンション(前/後) ストラット/5リンク・リジッド
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 185-70-SR14/195-70-SR14( SP52R)
その他 1982年 第30回サファリラリー総合優勝車、S・メッタ/M・ドウティ組、FIAグループ4仕様
バイオレットは高い走破性と信頼性の高さをフルに発揮して、1982年(昭和57年)の第30回サファリラリーにおいて、総合優勝をつかみ取りました。この勝利によって、日産自動車は同ラリー史上初の4連覇(1979年〜1982年)を達成。クルマだけでなく、ドライバー:シェカー・メッタ、ナビゲーター:マイク・ドウティのクルーとしても、同ラリー史上初の4連覇を成し遂げ、大きなニュースになりました。このマシンのエンジンは、直列4気筒DOHC・1975ccで、230馬力の最高出力をマークしたグループ4仕様のLZ20B型を搭載していました。バランスに優れたシャシーと高出力性、耐久性を兼ね備えたエンジンを持つPA10バイオレットでしたが、この年限りでグループ2/4規定が終了、華麗な戦績を残してラリーカーとしての歴史を閉じました。2009年、「日産名車再生クラブ」が当時のダメージを残しつつレストアし、次世代への継承を図っています。