NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

バイオレット '80年第28回サファリラリー優勝車

年式 1980年
型式 PA10
全長 4,080mm
全幅 1,600mm
全高 1,390mm
ホイールベース 2,400mm
トレッド(前/後) 1,335/1,330mm
車両重量 1,100kg
エンジン LR20B(直4・SOHC) 1,952cc
最高出力 147kW(200ps)以上/7,400rpm
最大トルク 206N・m(21.0kgm)以上/5,600rpm
サスペンション(前/後) ストラット/4リンクリジット
ブレーキ(前/後) ディスク(前後共)
タイヤ 175-70-SR14/195-70-SR14
その他 '80年第28回サファリラリー総合優勝車、#1号車シェカー・メッタ/マイク・ドウティ組、FIAグループ2仕様
1977年(昭和52年)5月に発売された2代目バイオレット(A10型系)は、「ラリーの日産」の伝統を受け継ぎ、その名に恥じない輝かしい戦績を残し、日産自動車のラリー活動の黄金期を築き上げました。このマシンは、200馬力以上にパワーアップされたLR20B型エンジンを搭載。1980年(昭和55年)の第28回サファリラリーで、シェカー・メッタ選手/ マイク・ドウティ選手組が、並みいるライバル勢とともに過酷な路面に挑み、見事に優勝を果たしました。日産チームは前年に続き2年連続総合優勝を収め勢いに乗り、続く1981年(昭和56年)、1982年(昭和57年)も総合優勝という結果を残し、同ラリー史上初の4年連続制覇を成し遂げることとなりました。