NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

グロリア 4ドアハードトップ 200E GL

年式 1980年
型式 K430
全長 4,690mm
全幅 1,690mm
全高 1,410mm
ホイールベース 2,690mm
トレッド(前/後) 1,415/1,380mm
車両重量 1,380kg
エンジン L20E型 (直6・OHC) 1,998cc
最高出力 96kw(130ps)/6000rpm
最大トルク 167N・m(17.0kgm)/4,000rpm
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン/5リンクコイル
ブレーキ(前/後) ディスク/ドラム
タイヤ 185SR-14(スティールラジアル)
その他
6代目グロリア・430型は、抑揚の強かった先代330型から一転、直線基調のクリーンなスタイリングで1979年6月に発売されました。基本となるボディは4ドアハードトップ・4ドアセダン・バン/ワゴンで、エンジンは当初の直列6気筒SOHCの2ℓと2.8ℓに、約半年遅れて日本車初のターボエンジンとなるL20E・T 型も1979年12月に追加されました。高級車にふさわしい静粛性の高さを訴求した「サイレント・グロリア」をキャッチコピーに採用し、プロゴルフ界の帝王ジャック・ニクラウス氏をイメージキャラクターに起用したのも話題となった。この200E GL は、最高出力130馬力のL20E 型エンジン搭載車です。