NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

スカイライン ハードトップ2000ターボGT-E・S

年式 1981年
型式 KHR30
全長 4,595mm
全幅 1,665mm
全高 1,360mm
ホイールベース 2,615mm
トレッド(前/後) 1,410/1,400mm
車両重量 1,160kg
エンジン L20ET型 (直6・OHC ターボ) 1,998cc
最高出力 107kW(145ps)/5,600rpm
最大トルク 206N・m(21.0kgm)/3,200rpm
サスペンション(前/後) ストラット/セミトレーリングアーム(アジャスタブルショックアブソーバー)
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 195-70-HR14(ミシュラン)
その他
日本を代表する高性能車として、高い人気を誇るスカイラインは、1981年(昭和56年)8月、6代目(R30型系)へと進化を遂げました。スカイラインは代々、オーナーの方や多くのファンの方々から、その時代ごとにニックネームを授かっていましたが、このモデルでは、米・映画俳優の大御所で、カーマニアでレーシングドライバーでもあった故ポール・ニューマン氏をイメージキャラクターに起用。このことから「ニューマンスカイライン」と愛称されました。主力となる2000GTの上級モデルには、量産車として世界初の、ショックアブソーバーの減衰力を手許のスイッチで切り替えられる「フットセレクター」などの革新技術を惜しみなく投入。 このクルマは、フットセレクターを装備し、ターボエンジン付きのL20ET型エンジン(最高出力145馬力)を搭載した、スポーティーグレードです。