NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

トミカ スカイライン ターボ 1982 スーパーシルエット No11

年式 1982年
型式 KDR30
全長 5,065mm
全幅 1,980mm
全高 1,239mm
ホイールベース 2,615mm
トレッド(前/後) 1,610/1,650mm
車両重量 1,005kg
エンジン LZ20B (直4・DOHC ターボ) 2,082cc
最高出力 419kW(570ps)以上/7,600rpm
最大トルク 539N・m(55kgm)以上/6,400rpm
サスペンション(前/後) ストラット/ウィッシュボーン
ブレーキ(前/後) ディスク(前後共)
タイヤ 270-590-16/350-700-19
その他
6代目スカイライン(R30型)は、スカイライン2000GT-R の生産終了以来途絶えていたDOHC エンジンが8年ぶりに復活し、レースにも復帰を果たしたことで注目を集めました。4気筒ながら4バルブDOHC 2ℓのFJ20型エンジンを搭載した「2000 RS(レーシングスポーツ)」が事実上のフラッグシップになりました。 FJ20エンジンは1983年にターボ仕様のFJ20(ET)型(190馬力)が加わり、1984年にはインタークーラー付き仕様に進化、最高出力を205馬力にまでアップしました。レースの世界へは、この「RS」 のイメージをもつボディに、モータースポーツ専用のLZ20B 型エンジン(ターボつき)を搭載、570馬力以上のモンスターとなったマシンを、日産ワークスの名手・長谷見昌弘選手が操り、1982年のスーパーシルエットレースで2勝、翌年には4勝をマーク。迫力ある走りでスカイラインファンを虜にしました。昨今のNISMOフェスティバルなどで、走る姿をたびたびお披露目しています。このクルマは、スカイラインの貴重な歴史を後世に伝えるべく、動態保存されています。