NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

【ラリー】大陸を一周する1万6,000kmのコース

大陸を一周する1万6,000kmのコース

日産自動車が初めて参加した国際ラリーは、1958年8月20日〜9月7日に開かれた第6回豪州ラリー(正式名称:1958 Mobilgas Trial)。当時、世界最長を誇ったこの競技は、オーストラリア大陸を右まわりに一周する1万6,000kmの耐久トライアルで、余りにも過酷であるとのことからこの年を最後に中止になりました。
1958年は、世界各国から67台が参加。日本からはダットサン(210型)2台とトヨペット3台が出場、ダットサンがAクラス(1,000cc以下)優勝と4位に輝きました。ラリーの前年に発売されたダットサン210型は、日産初のOHVエンジン(C型)を搭載した意欲的なモデルで、1958年3月のロサンゼルス輸入車ショーに出品された後、9月から米国輸出が開始されました。当時の米国市場は、フルサイズカーが主流でしたが、豪州ラリーでの活躍が功を奏して翌年4月のニューヨーク自動車ショーでは大変な注目をあび、その後の対米輸出の基礎を築きました。

1958年豪州ラリー(Mobilgas Trial)コース図


K8308-5
鯉のぼりを掲げてゴールする19富士号。"58豪州ラリーに参加したダットサン210は、初出場ながら2台そろって完走、クラス優勝と4位の好成績を収めました


長距離走行に備えて燃料タンクを増設。


砂漠や原野を長時間走るため、助手席足元には航空機用のコンパス(方位磁針)が備えられている

JavaScriptを有効にしてください。