NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

【レース】日本グランプリの歴史

日本グランプリの歴史

「日本グランプリ」というと、現在では、F1(フォーミュラ・ワン)の「日本グランプリ」を指しますが、1963年から1969年まで、日本で最も権威のあるレースとしてこの名前が使われた時代がありました(7年間・計6回)。
第1回大会は1963年5月3日、完成したばかりの鈴鹿サーキットで行われましたが、メインレースは外国製スポーツカーやレーシングカーの一人舞台でした。以降、日本グランプリは毎年5月3日に開催され(1966年は非開催)、1969年からは5月3日のJAFグランプリと10月10日の日本グランプリの2本立てとなりました。
日産は、"66年R380-?、"68年R381、"69年にR382で優勝を飾りました。しかし、1970年大会は日産・トヨタが安全公害対策に専念するとして不参加を表明したことが遠因となり中止となり、1969年大会が最後となりました。なお、レースの正式名称は、第5回に当たる1968年大会から年号を冠して呼ばれるように変更されました。


K3084-28
R382のGRX-3エンジンは最高出力700ps以上

K2652-143
"68年日本GP優勝のニッサンR381(北野元)

K3111-193  "69年優勝のニッサンR382(黒沢元治)

JavaScriptを有効にしてください。