NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ダットサン 16型 クーペ

年式 1937年
型式 16型
全長 3,129mm
全幅 1,199mm
全高 ----/----
ホイールベース 2,005mm
トレッド(前/後) 1,038/1,049mm
車両重量 ----/----
エンジン 7型 (直4・SV) 722cc
最高出力 12kW(16ps)/3,600rpm
最大トルク ----/----
サスペンション(前/後) 横置リーフ/縦置リーフ
ブレーキ(前/後) ロッド式ドラム/ロッド式ドラム
タイヤ 4.00-16 バルーン
その他 定 員 4名
1937年(昭和12年)4月にデビューした16型は、セダンやフェートンとともに、クーペとロードスターがラインアップされました。15型と同じ722cc・16馬力の7型エンジンを搭載しています。クーペは、セダンと異なり、サイドステップがなく、埋め込み型ドアハンドルなど斬新なディテールと流麗なスタイリングが特徴です。インテリアも、外観と同様、モケット張りのベンチシートでモダンに仕上げられました。ステアリングコラムの傾斜の工夫で、クーペボディにもかかわらず居住性にも優れていました。クーペは、10型・11型・12型に設定されていましたが、13型と14型には設定がなく、15型から再登場するものの17型では再び廃止されてしまいます。このように、クーペモデルは、設定がない年式もあり、生産台数も少ないことから、きわめて貴重な1台と言えます。