NISSAN HERITAGE COLLECTION online

TOP

ミドルスポーツ(フェアレディZ Z33先行検討車)

年式 1997年
型式 S14改
全長 4,310mm
全幅 1,770mm
全高 1,280mm
ホイールベース 2,545mm
トレッド(前/後) 1,480/1,490mm
車両重量 1,270kg
エンジン KA24DE型改 (直4 DOHC ) 2,389cc
最高出力 147kW(200PS)/5,600rpm
最大トルク 256N•m(26.1kgf•m)/4,500rpm
サスペンション(前/後) ストラット/マルチリンク
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 205/55R16 / 225/55R16
その他
1990年代半ば、フェアレディZ・Z32 型の後継となる新型Z のあり方を模索し、さまざまなアプローチの検討が日産社内で進められます。 このクルマはその試作車の1台で、左ハンドルのニッサン240SX・S14 型(日本名シルビア)をベースに1台だけ製作されました。 直列4 気筒のKA24DE 型エンジンは200psにチューンされてフロントミッドシップに搭載し、スタイリングもZ らしさを意識した小粋なファストバックスタイルで、独特の魅力を湛えています。 1997(平成9)年には、Z にゆかりの深い片山豊氏が休日の栃木テストコースで占有試乗し、人車一体感とZ のDNA を感じて気に入られたとも伝えられます。 このクルマは結果的に陽の目をみませんでしたが、その後20 年以上にわたり社内で保存され、2019(令和1)年に社内の試作部門によって往時の姿を取り戻しました。